読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Converg.

ものづくり関係の備忘録

Windows10設定(Chocolatey)

パッケージ管理システム Chocolateyの準備

Windowsでのパッケージ管理システムとして,Cholocateyを使用するときの設定をまとめます。

 ・OS XMacports,Homebrew
 ・Linux:apt-getコマンド

など,それぞれのOSでパッケージ管理システムがあります。
今回は,Cygwin等異なるOS環境を導入して,プログラミング環境を作ることを目的としません。

まずは,コマンドプロンプトを管理者権限で実行して,下記のコマンドを実行します。
実行ポリシーには注意してください。改行部分は間に半角スペースをお忘れずに。

> @powershell -NoProfile -ExecutionPolicy RemoteSigned -Command 
  "iex ((new-object net.webclient).DownloadString('https://chocolatey.org/install.ps1'))"
  && SET PATH=%PATH%;%ALLUSERSPROFILE%\chocolatey\bin

正常にインストールされれば,下記コマンドでインストールされているか確認できます。

> clist -lo

無事インストールされたことを確認したら,念のため,Chocolatey用の環境変数をシステムに確実に反映させたいので,再起動しましょう。

下記要領でGUIがインストールできますが,使い勝手が悪すぎたので,お勧めしません。
さて,再起動が完了したところで,CUIでの操作に慣れてない方は,せっかくなのでGUIを入れてみましょう。CUIに慣れてる方は,下記にChocolateyで使用できるコマンドがすべて載ってますのでご参考に。github.com
先ほどと同様に,コマンドプロンプトを管理者権限で実行して,下記コマンドによりGUIをインストールします。

> cinst chocolateygui

途中,スクリプトを走らせていいか聞かれる場合がありますが,yesと打ってEnterを押しインストールを続行しましょう。
無事インストールされたら,Windows10では画像のように最近追加されたものの所にアイコンが出ますので,ショートカットを作成するか,タスクバーにでもピン留めしておきます。