読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Converg.

ものづくり関係の備忘録

Windows10設定(MinGW,Mintty)

先日はChocolateyの導入について簡単に示しましたが,結局筆者はプログラミング環境をMinGW(Minimalist GNU for Windows)とMinttyを用いて整えています。

Windowsで使用しているテキストエディタSublime Text 3ですが,
それはまた後日。


MinGWのダウンロードとインストール

MinGWを下記よりmingw-get-setup.exeをダウンロードしてきて,
インストールを開始しましょう。sourceforge.net


インストールまでの詳しい流れは下記サイトが分かりやすかったので,下記に譲ります。
MinGW(gcc) の Windows へのインストールと使い方 | プログラマーズ雑記帳



なお,パッケージとしては,私はC,C++FortranObjective-Cコンパイラーを入れています。数値計算等チャレンジしてみたい方は是非Fortranコンパイラ(gfortran)を入れておくと良いかもしれません。



さて,以降ではMinGWがCドライブ直下にインストールされたものとして説明を続けます。
(念のため環境変数の確認から)


環境変数の設定


ここではCドライブ直下にMinGWをインストールしたとして説明を書きます。要は下記のようにMinGWというフォルダが存在する状態です。

  C:\MinGW


[ システム ] → [ システムの詳細設定 ] → 詳細設定タブ下部の [ 環境変数 ] より,PATHという変数名の環境変数を新規作成します。

 ・変数名: PATH
 ・変数値: C:\MinGW\bin;C:\MinGW\msys\1.0\bin;


MinGWをインストールしたディレクトリをよく確認して環境変数を作成ください。
ここが適切に設定できていないと,以降のコマンドを実行時,command not found.となるでしょう。



Minttyのインストール

環境変数を設定後,Minttyをインストールします。下記場所のbatファイルをダブルクリックして,MinGW Shellを起動します。

 C:\MinGW\msys\1.0\msys.bat


起動後,環境変数が適切に設定されていれば,mingw-getコマンドを使用できますので,更新してアップデートしたのち,minttyを入れてしまいましょう。

$ mingw-get update
$ mingw-get upgrade
$ mingw-get install mintty 


mintty.exe は C:\MinGW\msys\1.0\bin 以下にインストールされていると思います。心配であればコマンドプロンプト等で確認してみましょう。

> where mintty.exe


mintty.exeの場所を確認したのち,ショートカットを作りましょう。
仮にデスクトップ上に作るとすると,

[ 右クリック ] → [ 新規作成 ] → [ ショートカット ]

項目の場所を入力してください(T):

C:\MinGW\msys\1.0\bin\mintty.exe /bin/env HOME=/c/Users/(あなたのユーザー名)
 /bin/bash --login


上記のようにショートカットを作成ください。上記の改行部には半角スペースをお忘れずに。


さて,これでMinttyを起動できるようになりました。
lsコマンドで日本語が文字化けしますが,これは文字コードが原因であり,下記オプションで解決します。

$ ls --show-control-chars


しかしながら,上記コマンドをわざわざ毎回入力したいでしょうか? ls と打てば上記を実行したことにしたいですよね。

実は,そういった設定は alias と呼ばれるものを用いれば可能で,次回は下記を掲載予定です。

 ・bashの設定: .bash_profile 及び .bashrc
 ・Minttyの設定: .minttyrc