読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Converg.

ものづくり関係の備忘録

Windows10設定(sublime text 3,bashrc,mintty)

今回は,Sublime Text 3,bash,minttyの簡単な設定を記します.


 ① テキストエディタをインストール
 ② テキストエディタを用いて設定ファイル
   (.bashrc,.bash_profile,.minttyrc)を作成・編集する

以上を行うことが目的です.



Sublime Text 3のダウンロードとインストール


Sublime Text 3はテキストエディタで使いやすいので今はこれを使っています.
なお,OS XのほうではEmacsを使っていますがそちらもこれに変えるかもしれません.

下記サイトより日本語化までできますので,詳細説明は譲ります.
『初心者向け』 Sublime Text 3 導入と日本語化について - NAVER まとめ

上記にしたがってエディタをインストールしたのち,最低限次のパッケージがあるといいでしょう.

 ・Japanize
  ...日本語化パッケージ
 ・ConvertToUTF8
  ...文字コードUTF-8に変換してくれるパッケージ

その他のテーマなど,詳しい設定をする機会は改めて設けます.


Sublime Text 3をMinttyから起動する


Sublime Text 3の実行ファイルが下記にあるとして説明を続けます.

 C:\Program Files\Sublime Text 3\sublime_text.exe

Minttyを起動後,ホームディレクトリにcommand用のディレクトリを作成します.
このディレクトリにSublime Text 3を起動するコマンド subl を作ることにします.

 $ mkdir command

まずは,普通にSublime Text3を起動し,sublという名前のファイルを新規作成します.
ファイルの内容は次のようにして,commandディレクトリの中に置きます.

#! /bin/sh

/c/Program\ Files/Sublime\ Text\ 3/sublime_text $1 &

これで,sublと打てばテキストエディタが起動しますが,現時点ではそれはこのディレクトリ内にいるときだけです.

したがって,次はどこでこのコマンドを打っても起動するようにPATHを通します.

そのために,ホームディレクトリに.bashrc,.bash_profileという設定ファイルを作成します,

.bashrcの作成


Mintty起動後,次のように.bashrcを作成します.

 $ ~/command/subl ~/.bashrc

.bashrcの中身は次のようにします.

#--- PS1
export PS1="\033[32m\]\u@\h \[\033[33m\W\033[0m\] $ "
#--- PATH4command
export PATH=$HOME/command:$PATH

#--- alias
alias cdd='cd $HOME/Desktop'
alias ls='ls --show-control-chars --color=auto' 


上記ファイルを読み込むことでsublコマンドが使えるようになります.ついでにaliasの設定をしています.

 $ source ~/.bashrc

毎回読み込むためのコマンドを打つのは面倒なので,Mintty起動時に読み込んでくれるように,つぎは.bash_profileを作成します.


.bash_profileの作成

ホームディレクトリ以下に作成します.

 $ subl ~/.bash_profile


中身は次のとおりです.

# .bash_profile
# source .bashrc
if [ -f ~/.bashrc ]; then
    . ~/.bashrc
fi

これでMintty初回起動時には設定ファイルが読み込まれるようになります.

最後にMinttyの設定をして終わります.


.minttyrcの作成

ホームディレクトリに作成します.

 $ subl ~/.minttyrc

私の場合は中身は次のように設定しました.

BoldAsFont=yes
Locale=ja_JP
Columns=90
Rows=30
Font=Consolas
FontHeight=10
BoldAsColour=yes
Transparency=high
OpaqueWhenFocused=no
CursorType=block
CursorColour=255,255,0
IMECursorColour=255,0,0
ForegroundColour=243,243,243
Term=xterm-256color
BackgroundColour=0,0,0