読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Converg.

ものづくり関係の備忘録

gtk-fortran Vol.2

ボタンの表示

ウィンドウにボタンを表示させるサンプルコードです。

program show_button
  !--------------------------------------------!
  !--- ファイル名は hogehoge.f90 とします。
  !--------------------------------------------!
  use iso_c_binding
  use gtk
  !---
  implicit none
  type(c_ptr) :: window

  !--- GTK+の初期化
  call gtk_init()

  !--- ウィンドゥの設定
  !  第一引数:ウィンドゥの種類
  !    GTK_WINDOW_TOPLEVEL:アプリケーションのメインになるようなウィンドゥ
  !    GTK_WINDOW_POPUP   :クリックした時にポップアップ表示されるようなウィンドゥ
  window = gtk_window_new(GTK_WINDOW_TOPLEVEL)

  !--- タイトルを設定
  call gtk_window_set_title(window, "Hello! World!"//c_null_char)

  !--- ウィンドゥの大きさ設定
  !    第一引数:ウィジェット
  !    第二引数:ウィジェットの幅
  !    第三引数:ウィジェットの高さ
  call gtk_widget_set_size_request(window, 300, 200)

  !--- ボタンウィジェットの作成
  !    第一引数:ボタンのラベル
  button = gtk_button_new_with_label("ボタンテスト"//c_null_char)
  !--- ボタンの配置
  !    第一引数:コンテナウィジェット
  !    第二引数:コンテナ内に配置するウィジェット
  call gtk_container_add(window, button)

  !--- 全てのウィンドゥの表示
  !    第一引数:表示する親ウィジェット
  call gtk_widget_show_all(window)

  !--- メインループ
  call gtk_main()
end program show_button

hogehoge.f90をコンパイルして実行しましょう。

$ gfortran hogehoge.f90 -o hogehoge `pkg-config --cflags --libs gtk-2-fortran` -Wl,-no_pie
$ ./hogehoge


実行すると次のように表示されます。これでボタン表示ができるようになりました。

f:id:convergence_hub:20170115141432p:plain